熱間鍛造専業メーカー

鍛造(たんぞう)とは

  • HOME »
  • 鍛造(たんぞう)とは

鍛造(たんぞう)とは

「鍛造」とは鉄などの金属を高温に加熱し、打つことによって金属内部の隙間を減らし、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形することです。

「熱間鍛造」「冷間鍛造」

通常、高温になった金属は柔らかくなると金属内部の結晶が正常な形に変化します。
この状態を「再結晶」と呼びます。再結晶の状態となった金属は加工がしやすく、この状態で行う鍛造加工を「熱間鍛造」、再結晶する温度以下の常温で成形する鍛造加工を「冷間鍛造」と呼びます。

知多工業は ”熱間鍛造”

知多工業は「熱間鍛造」を専業としています。
ハンマー設備・プレス設備を使用し、自動車部品や建設・産業機械部品等を製造しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0562-33-5822 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 知多工業株式会社 All Rights Reserved.